≪ 2017 06                                                2017 08 ≫
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -





歯石除去の時の
血液検査報告書です。

文字が多すぎて・・・。

w(゚o゚)w


ketuekik3.jpg


一応、調べて頂いた項目は
基準値内なのですが
それぞれ大事な数値だと思うので
分かっていた方がいいかも。
・・・ということで、

かなり省略していますが
こんな可能性がわかるらしいということを
踏まえて目を通しました。
(数値だけで鑑別できるわけではないそうです。)


(白血球・赤血球)

白血球数が高いときは感染症を起こしている可能性。
白血球数が低すぎるときは、
白血球を作る骨髄の働きを低下させてしまう病気か、
薬剤の副作用の可能性。

赤血球数が少ないときは、貧血が起こっている。
赤血球数が高いときは、脱水が疑われる。


(肝臓機能)

ALT、AST、ALP、GGTなどの数値が高い場合は
肝臓の疾患がある可能性。


(腎臓機能)

BUN(血液尿素窒素)が高い場合は
腎機能の低下、尿道結石、甲状腺機能亢進症、
脱水などの可能性。

BUN(血液尿素窒素)が低い場合は
肝臓の機能低下、栄養不足などの可能性。

CRE(クレアチニン)が高い場合、
腎機能が低下している可能性。


(タンパク質)

ALB(血液中のタンパク質)が低くなると
低タンパク血症の可能性。


(血糖値)

GLU(血糖値)が低い場合は低血糖症、
高い場合、糖尿病の可能性。


(カルシウム)

Caが低い場合は、
低カルシウム血症の可能性。


ketuekik2 - コピー


ネット調べを覚書程度ですが、
自分の血液検査よりは
真剣に調べました。
(´∀`*;)ゞ

料金は
CBC検査が1,500円
生化学検査が7項目で4,200円でした。
(病院によって違うようです。)

調べてみると
数値だけではなくて

・元気があるか・おしっこの量・お水を飲む量
・便の状態・痩せる・むくむ

などの健康チェックも重要なのだなと
改めて思いました。

sentakum3.jpg


まかちゃんもシニアなので
気を付けていこうと思います。



にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ



犬との暮らし
******
犬 室内飼い
関連記事


macamoco

Author:macamoco
Macaronマカロン♀
2009年12月12日生まれ
2011年頃の体重は2.500gです

最近は3.100gです(*^_^*)

ご訪問ありがとうございます。

人見知り犬見知りの
食いしん坊で甘えん坊。
そして時々ハイテンション。
そんなこのこのおかげで
元気になれる
我が家のアイドルです。

よろしくお願いいたします。

全タイトルを表示